送る方ももらう方もうれしいカタログギフト!送る際の注意点とは

カタログギフトを送る時の注意点とは

カタログギフトは内祝いに何を送ったらいいか迷った時に助かりますよね。ですが送るカタログギフトによっては期限切れで頼み忘れ、なんてことも出てきてしまうかもしれません。例えば、送られる方が年配の方の場合は、若々しいブランドのカタログギフトを送られても困る場合もあります。年配の方には落ち着いた食器や食品が掲載されているものがいいかもしれません。また小さい子どもがいる家庭へは、子ども向け商品のカタログギフトなどもあります。内祝いだと、いただいたお祝いの3分の1から2分の1くらいまでの範囲で選ぶことが通常です。高額すぎるものを送ってしまうと相手も恐縮してしまうこともあります。年齢と内容に合ったものを選ぶと、相手にも好印象でしょう。

カタログギフトの良し悪しとは!?

カタログギフトにもやはりメリットデメリットがあります。メリットは送られた側が自由に好きな物を選べる、好みじゃないものを送られて困ってしまうということがない、というところでしょう。近年は温泉入浴やマッサージチケットなど趣向を変えたものもあって活用度も高いものが多いですね。対して、デメリットは好みじゃないカタログギフトが届くということや、年配の方などには冷たい印象を与えてしまうということでしょう。今でこそカタログギフトは一般的でしたが、内祝いと言えば物でお返しをするというのが風習でしたので、そう思ってしまう方がいても不思議ではありません。心配な場合には一言お手紙を添えてお届けしてみると気持ちが伝わるかもしれませんね。

カタログギフトは、貰った相手が商品を選べるという利点があります。商品の種類だけでなく量や日付も選べるため、貰った側の自由度と満足度が高いこともメリットです。