機械式時計とクオーツ式時計の違いとそれぞれの仕組みについて


機械式時計の仕組みとメリットデメリットについて

機械式時計には手巻き式と自動巻きの2種類があります。手巻き式はゼンマイを手で巻き上げる事で時計の針を動かし、自動巻きは着用している腕を振る動きに合わせてムーメントに内蔵されているローターが回転する事でゼンマイを巻き上げる事により針を動かします。機械式時計のメリットは電池で動いていないため、電池交換をしなくてもいい事です。

機械式時計のデメリットは、電池で動いていないため、着用していない時間が長ければ止まってしまう事です。時計が止まってしまうと、時間を合わせ直す必要があるので、一回ずつ時間を合わせるのがめんどうと感じる方には最大のデメリットにもなります。また、機械式時計の構造が複雑であり、衝撃に弱い事もデメリットの1つです。

クオーツ式時計仕組みとメリットデメリットについて

クオーツ式時計は電池の力で動いているため、ゼンマイを巻く必要がありません。また、クオーツムーブメントは大量に生産されており、価格が非常にリーズナブルなものから、数十万円を超えるものまで幅広く販売されています。さらに、機械式時計と比べると、耐久性や、時間の精密さなどがメリットです。

基本的に電池が残っている限り針が動き続けるため、一度時間を合わせると、電池が切れるまで合わせ直す必要が少ない事がメリットです。しかし、電池の交換をする際には時計専門店に持っていき交換してもらう必要があり、その際に交換費用がかかってしまう事がデメリットとなります。このように機会式時計とクオーツ式時計にはそれぞれメリットとデメットがあるので、自分に合った時計を選びましょう。

グランドセイコーは国産高級時計として非常に高い評価を得ています。海外のものが注目されがちな腕時計の中でも、大人の男達の憧れの的となっているのです。